肥満を防ぐ40~50代の食生活

こんにちわ!脱薄毛ドクター141です。

肥満は万病のもとで活性酸素が体内に
充満しやすくなり、あらゆる細胞を老化に導きます。

40歳を過ぎると太っている人が年齢以上に
老けて見えるのは活性酸素によって老化が
加速度的に進め初めているからです。

まず40歳になったら「食前キャベツ」を
スタートして下さい!

腸内環境を良好にでき体内に溜まった
活性酸素も減らせ体重も一気に落とせます。

食事は野菜から食べ次に肉や魚そして
最後に五穀米や玄米など糖質を多く含む
主食を食べるのです。

この順番でやる事で糖質の吸収速度が
抑えられ血糖値の上昇も防げます。

50歳を過ぎると毎日主食をとらなければ
いけない程の糖質は必要ありません。

それにもかかわらず糖質を大量に取りすぎると
大量の活性酸素を排出するように
なってしまうからなのです。

何より大事な事はパンや白米、麺類など
白く精製された炭水化物をやめ砂糖や甘味料を
含むジュースやお菓子を口にしない
生活習慣を心がけて下さい!

60歳を過ぎたらコレステロールは少々
高めの方が健康体だと思って頂いて結構です。

何故ならコレステロールは細胞膜と
性ホルモンの材料になる栄養素だからです。

良質のコレステロールを取るには良質な肉を
食物繊維の豊富な野菜と一緒に取る事です。

60代になったら自分の健康の為に
良質な肉に投資しましょう↓