毛根の退行期や休止期を短縮させるIGF-Ⅰ

こんにちわ!脱薄毛ドクター141です。

昨年、アマゾンで岡嶋さんの薄毛の食卓を
購入して読んでて判った事があるので早速
アウトプットします。

まずIGF-Ⅰ(インスリン様成長因子-Ⅰ)を
増やせば毛が生えてくると云うものです。

この物質は体の中で血液が固まらないように
する作用と組織の血流を増やす作用があるのです。

そして、体内のIGF-Ⅰを増やす食べ物が唐辛子に
含まれる辛味成分カプサイシンだったのです。

また、大豆に含まれるイソフラボンという成分は
年齢と共に減っていくIGF-Ⅰを出来るだけ
減らないようにする抑制効果があるのです。

従って唐辛子と大豆を積極的に食べると薄毛
抜け毛の対策に非常に有効的と言う訳です。

私は、これまで唐辛子と云えば
うどん屋でうどんやそばを食べる時くらいしか
活用してませんでした。

教えて!gooをググってみたら
お好み焼き、焼き鳥、牛丼などに唐辛子を
かける人がいたので機会があれば私も
やってみようと思います↓