風邪をよくひく人は免疫力が確実に低下

こんにちわ!
脱薄毛ドクター141(イシイ)です。

急激に寒くなると風邪をひく人も
当然、増えてきます。

ただ常に風邪ばかりひいてる人は
病原菌に対する免疫力が低下し自己免疫性疾患や
アレルギーなどを発症しやすくなる原因となります。

さらに進行すると腸管組織自体の炎症・潰瘍性疾患にも
つながり注意が必要です。

腸の主な働きは消化吸収と
病原菌から体を守る免疫機能です。

腸内環境は善玉菌・悪玉菌・中間の
3つの菌から構成され、バランスを
とる事で腸内の環境維持してるのです。

腸内細菌の中で一番数が多い菌は中間の菌で
次に善玉菌が多く、悪玉菌は少数です。

正常な場合は善玉菌が優勢となりますが
何らかの影響で悪玉菌の増殖が進んだ時
腸内環境の悪化となって、便秘・下痢
ガス溜まり、肌荒れ・吹き出物、口臭
体臭・おならの悪化を引き起こします。

所で薄毛の人には朗報です。

腸をきれいにすると
髪の毛が生えてくるそうです。

詳細は動画↓