薄毛とお酒

こんにちわ!
脱薄毛ドクター141です。

私は、20歳から今迄、お酒は
付き合い程度しか飲みませんでした!

元々、お酒を飲めない体質で
頭が痛くなるのが嫌なのです。

実は、このお酒!
飲み過ぎは薄毛になりやすいので
気をつけないといけません。
images
お酒が薄毛を引き起こすプロセスは
下記に書いてます。

①アルコールが体内で分解
体内に取り込まれたお酒は肝臓で分解され
「アセトアルデヒドと呼ばれる毒性物質を
生成します。アセトアルデヒドは大量の
アミノ酸やビタミンを消費します。

②髪の栄養分が奪われる。
アミノ酸は、ミステインやメチオニンといった
髪の毛を強化するタンパク質を含んでいます。

その他にもビタミンBや亜鉛といった
栄養素を含みます。
その為、アルコールを分解する際に
髪の成長に必要な栄養が奪われて
薄毛の原因に繋がるのです。

③過度な飲酒が最悪な訳

過度に、お酒を飲んだ場合、アセトアルデヒドの
分解が間に合わず血中を循環します。

アセトアルデヒドには睡眠を妨げる効果が
あるとされ成長ホルモンの分泌にも多少なりとも
影響を与えます。

血中に流れたアセトアルデヒドは
ジヒドロテストステロン(DHT)を増加させます。

4薄毛の元凶物質 ジヒドロテストステロン(DHT)の増加

脱毛を促す原因となる男性ホルモンが実は
ジヒドロテストステロン(DHT)です。

お酒が薄毛の原因とされる最大の所以は、
ジヒドロテストステロン(DHT)の増加にあるのです。

お酒は、たしなむ程度なら問題ありませんが
多量のアルコール摂取は薄毛の原因です。

アルコール依存性で、お悩みの方は近日中に
無料レポート 脱薄毛マインド公開しますので
楽しみにしてて下さいね~