寝不足を解消する3つの方法

こんにちわ!
脱薄毛ドクター141です。

寝不足を解消する方法というものは
いろいろあるかと思います。

その中でも私が鉄板と思う方法を
3つあげたいと思います。

①睡眠用BGMを聞く
②寝る前にストレッチを行う
睡眠の質をより良くするためにも
ストレッチを行い、リラックスして
寝ましょう!
③お風呂に入りましょう
心や身体をリラックスさせるために
自分の好きな入浴剤を活用したりして
身体の芯まで温まりましょう!

ハゲない睡眠習慣

こんにちわ!
脱薄毛ドクター141です。

あなたは、ご存知でしたか?
一番生えやすい髪の毛の時間帯が
夜22時~深夜2時の4時間だという事を~、

実は髪の毛の80~90%はタンパク質でできており
そのタンパク質の合成を高める成長ホルモンの
分泌はコシとツヤのある強い髪の毛を
作る為にも不可欠なのです。

成長ホルモンの分泌は副交感神経の
働きによるものなのですが、副交感神経は
夜22時~深夜2時の時間帯に最も活発に
機能するのです。

つまり、夜22時~深夜2時の4時間は、
一番髪の毛の生えやすい絶好の時間帯なのです。

ただ、この4時間の間は絶対に寝よう!と
思いつつも残業等で22時~に仕事が終われば
毎日夜22時就寝なんて到底無理ですよね。

しかし、4時間丸々は無理でも2時間、
つまり夜0時就寝ではどうでしょう。

これは決して毎日でなくても構いません。
週2~3日でも構いませんので成長ホルモンの
分泌が最も活発な時間に睡眠できる生活習慣を
早速、取り入れていきましょう!

髪の毛は昼の間、風にのって受けるチリ・ホコリ、
太陽の紫外線、温度や湿度差など様々な要素に
よってダメージを受けます。

それらダメージを髪の毛は睡眠中に
回復している為、睡眠は髪にとって
非常に大切な時間なのです。

睡眠が不足すると、体のエネルギー代謝が
上手く機能できなくなり、ダメージが
蓄積した状態が続きます。

当然、毛母細胞の細胞分裂活動も十分に
行えなくなる為、発毛不良の状態となり
ハゲる可能性が一段と高くなるのです。

睡眠時間が、ある日は夜22時~朝6時、
ある日は朝5時~昼12時と、日によって
バラバラなのも望ましくありません。

人間の体というのは無意識のうちに
生活サイクルを頭に記憶します。

毎日夜22時~朝5時の生活を続けていれば、
眠っている間に活動する副交感神経も
その習慣を覚えてきますので7時間の間は
高い活動効率を発揮します。

 

それに伴って成長ホルモンも十分に
分泌する事ができるのです。

逆に睡眠サイクルがバラバラであると、
例え睡眠時間自体は十分でも副交感神経の
活動効率が低いので、成長ホルモンの分泌も
不十分になってくるのです。

頭皮や髪の毛をゆっくり休ませて
効率良く短期間で髪の毛を増やせるように、
規則正しい睡眠習慣を心掛けましょう!

村長がくれた首狩り族のネックピロー® 枕 マクラ まくら ヘッドハンターネックピロー  肩の悩み