ラーメンの過食は薄毛加速

こんにちわ!脱薄毛ドクター141です。

私は小中高と学生時代は週に2日は
自宅でラーメンを食べてました。

しかし2019年~ラーメン断ちしました。

その理由はラーメンを食べすぎると
髪の毛がドンドン抜け落ち薄毛になるからです。

考えられる要因として、ラーメンに含まれる
下記の3つの栄養を過剰に摂取してしまう事です。

①塩分の過剰摂取

塩分の摂りすぎは高血圧の症状になりやすく
狭心症や心筋梗塞の発端になります。

高血圧は細い動脈と太い動脈の硬化を促し
「動脈硬化」を誘発する危険因子のひとつ。

動脈硬化は「動脈の壁が厚くなったり
硬くなったりして本来の構造が破壊され
働きがわるくなる病変」なので
血行が悪くなります。

だから過剰の塩分摂取は健やかな頭皮や
髪の毛に必要な栄養素が行き届かなくなり
薄毛やはげに繋がるのです。

②脂質の過剰摂取

炭水化物やタンパク質よりも
大きなエネルギーを持つ脂肪

脂肪の多い食品は少量でもエネルギーの
摂り過ぎになり体脂肪として蓄積されるため
肥満やメタボリックシンドロームの原因となるのです。

下記は厚生労働省による肥満や
メタボリックシンドロームについての発表です。

「メタボリックシンドロームになると、糖尿病、高血圧症
高脂血症を発症する前の段階でも、これらが内臓脂肪型肥満を
ベースに複数重なる事により、動脈硬化を進行させます。」

上記の動脈硬化の症状にも影響が及ぶため
脂質の過剰摂取ははげにつながる可能性を
高めるのです。

③炭水化物の過剰摂取

下記は厚生労働省 健康局総務課の
炭水化物についての説明です。

炭水化物を過剰に摂取したとしても
生活習慣病の一種である「糖尿病」以外の疾患を
引き起こす可能性は低いです。

しかし、炭水化物の過剰摂取で糖尿病になり
合併症を発症することで血圧が上昇するなどの
影響が出るため、動脈硬化が促進されます。

そのため、間接的ではあるものの薄毛やはげに
つながる可能性があると考えられるのです。

ラーメンは、はげに繋がる可能性があると
説明してきましたが中でも特に「カップラーメンや
袋麺などのインスタント麺は危険」なので
注意されて下さい!

その理由として挙げられるのが下記の2点。

麺を加工する際に食用油で揚げるため脂質が高くなる
過酸化脂質が老化や動脈硬化を促進させる脂質に変化する

これらの要素から、カップラーメンは食べすぎると
「体に良くないしはげに繋がりやすい?」と言われています。

ただ決して私みたいに完全に
ラーメン断ちする必要はありません。

まずは、食べる頻度を徐々に減らして
みるのはいかがでしょうか?

例えば、

週に複数回食べている人は「週に1回」
週1回に慣れてきたら「2週間に1回」
2週間に1回に慣れてきたら「1か月に1回」

そして以下のような簡単な対策を
実行してみてください。

大盛りにしない
スープは飲み干さない
セットメニューは付けない

体や髪の毛の健康のために、時間をかけてでも
徐々にラーメンを食べる頻度を減らしましょう!

腸活クラブNO5 食べるダイエット格付け

こんにちわ!脱薄毛ドクター141です。

私は髪の毛は少しずつではありますが
生えてきました。

しかし昨年は脱薄毛よりも
本気で取り組んでないダイエットの方が
上手くいき75→67(8キロ減)に成功しました。

食品の成分でカロリーを持っているのは
たんぱく質、炭水化物、脂肪の3つで、これらを
三大栄養素と呼ばれてます。

1グラム当たりのカロリーは
たんぱく質と炭水化物で4キロカロリー
脂肪だと9キロカロリーとなっています。

私が2018年の食事を見直し
2019年から改善した事は炭水化物を
最大限に減らした事です。

特によく食べてた菓子パンや麺類を
食べなくなった事は自分としては
かなり成長しました。

肥満の最大の原因は
ご飯、パン、麺類、スイーツ、砂糖などの
炭水化物の取り過ぎです。

ただ人に、とやかく言われても右から左で
多くの人は真剣に聞かないんですよね~

実は私もそうでした。

では何故、今、食事改善が
出来たのか?

それはアマゾンや楽天、メルカリで本を買い
図書館でも本を借りて読む事でジャンク食の見直しを
やらないと大変な事になると云う事が判ったからです。

私が個人的に思う理想のダイエットは
下記の上位3つのダイエット食を日替わりで
行なう事です。

特に中年太りが気になる方は
是非、やられてみて下さい↓

肥満を防ぐ40~50代の食生活

こんにちわ!脱薄毛ドクター141です。

肥満は万病のもとで活性酸素が体内に
充満しやすくなり、あらゆる細胞を老化に導きます。

40歳を過ぎると太っている人が年齢以上に
老けて見えるのは活性酸素によって老化が
加速度的に進め初めているからです。

まず40歳になったら「食前キャベツ」を
スタートして下さい!

腸内環境を良好にでき体内に溜まった
活性酸素も減らせ体重も一気に落とせます。

食事は野菜から食べ次に肉や魚そして
最後に五穀米や玄米など糖質を多く含む
主食を食べるのです。

この順番でやる事で糖質の吸収速度が
抑えられ血糖値の上昇も防げます。

50歳を過ぎると毎日主食をとらなければ
いけない程の糖質は必要ありません。

それにもかかわらず糖質を大量に取りすぎると
大量の活性酸素を排出するように
なってしまうからなのです。

何より大事な事はパンや白米、麺類など
白く精製された炭水化物をやめ砂糖や甘味料を
含むジュースやお菓子を口にしない
生活習慣を心がけて下さい!

60歳を過ぎたらコレステロールは少々
高めの方が健康体だと思って頂いて結構です。

何故ならコレステロールは細胞膜と
性ホルモンの材料になる栄養素だからです。

良質のコレステロールを取るには良質な肉を
食物繊維の豊富な野菜と一緒に取る事です。

60代になったら自分の健康の為に
良質な肉に投資しましょう↓

白米やパンなどの炭水化物の取り過ぎは薄毛になる

こんにちわ!薄毛ドクター141です。

食物繊維というと、レタス、キャベツなどの野菜や
イモ、ゴボウなどの根菜類が思い浮かびます。

しかし日本人の摂取源の1位と2位は
白米と食パンなのです。

白米は100g当たりの食物繊維が0.5gと少ないのですが
量を多く摂取しているため、結果的に最大の摂取源に
なる訳なのです。

健康を維持するために我々が摂取すべきとされる
1日当たりの食物繊維の摂取目標量は男性20g以上
女性18g以上です。

しかし、実際の摂取量は成人男性で15.4g
成人女性で14.7gとおよそ4~5g不足してるのです。

食物繊維不足は食生活に気を配っているシニア層よりも
20~30代男女の若い世代が深刻です。

シニア層の場合は摂取目標量に達していませんが
60代男性で16.8gと男女の若い世代よりは良好です。

加齢とともに腸内環境も悪化し
それにともなって病気のリスクが高まるので
今以上に摂取することが重要である訳です。

ご飯やパン 麺類などの炭水化物の取り過ぎは
糖尿病を引き起こし脱毛をうながします。

炭水化物を食物繊維を多く含む全粒穀物に
置き換える事で髪にも元気が戻ってきます。

糖質+植物繊維=炭水化物

炭水化物から植物繊維を削ぎ落した
糖質が毛髪に良くないのです。

玄米から植物繊維を落とした白米などは
過剰に摂取すれば大事な髪の毛を失う要因に
なるので要注意です↓