食品添加物の取り過ぎは薄毛を加速

こんにちわ!脱薄毛ドクター141です。

年齢を重ねてくると髪が薄くなり
白髪が増え視力も弱まり体の衰えを
感じる事が増えてきます。

我々は1日500リットル以上の酸素を
呼吸によって体内に取り込んでいます。

酸素を使い食事でとった栄養素を
燃やしエネルギーを作り出すのですが
問題は、その過程で吸い込んだ酸素の
約2%が活性酸素に変わってしまう事です。

活性酸素は酸素よりも、はるかに強い
酸化力を持ち体を錆びさせていくのです。

現実社会は10000年前に無かったもので
あふれ返っています。

例をあげるとタバコのニコチン、食品添加物や
薬剤などの化学物質や農薬、大気汚染などは
10000年前の細胞が知らなかったものです。

私達が普段、良く使うスマートフォンや
パソコン、冷蔵庫、電子レンジ、IH機器などからも
電磁波を浴びています。

こう考えたら高度に発展した文明社会の
作り出した全てのものが活性酸素を増やし
体のあちこちを老化させているのです↓

コーヒーフレッシュはサラダ油

こんにちわ!脱薄毛ドクター141です。

実は12月に入り私はガストやジョイフル等の
ファミレスに一度も行っていません。

その訳はコーヒーのミルク
コーヒーフレッシュの危険性を
最近、本を読み知ったらです。

実はコーヒーフレッシュには
1滴の牛乳や生クリームも使われていないのです。

製造方法は、植物油(サラダ油)に水を混ぜ
多くの「食品添加物」で白く濁らせたミルク風サラダ油

これが、コーヒーフレッシュの正体です。

私はタバコも酒もやらないのですが
コーヒーは好きでファミレスに行く時は
最低3杯はお替りします。

コーヒーフレッシュの原材料は 
植物油脂  カゼインナトリウム  加工でんぷん  
グリセリン脂肪酸エステル(乳化剤)増粘多糖類 
クエン酸 クエン酸ナトリウム(いわゆるpH調整剤) 
香料 カラメル色素

牛乳オンリーと思われたものが食品添加物の集合体で
普段コーヒーにサラダ油を入れて平気で飲んでたのです。

もしかしたら、あなたはコーヒーフレッシュを入れた
コーヒーを飲みながら、このブログ見ていませんか↓